※この記事はファンブログに掲載しておりました記事です。

タイキシャトル1998〆の配合例を考えました。

ライトユーザーの方にもお手軽に配合できるように複雑な配合にはしておりません。ただし、ちょっとだけ条件があります…

まず用意する馬

ノヴェリスト × ブリングイットオンの種牡馬

ブリングイットオンは7億5000万の牝馬です。これにノヴェリストを付けて種牡馬を作ります。ノヴェリストはBC報酬でも手に入りますからエコな感じです。高額な牝馬ですので割と簡単に重賞ウイナーは出そうですね。

この次に条件が…

名牝のステアクライマーが必要です。

ステアクライマーだと面白系統のセントサイモンとマッチェムをそのままカバー出来るんですよ

ある程度配合をしている方はピンと来るかと思います

自家製繁殖 面白系統

  • スインフォード
  • ファラリス
  • セントサイモン
  • マッチェム

※ノヴェリストでスインフォード、ブリングイットオンでファラリス、ステアクライマーでセントサイモンマッチェムをカバーして面白系統を組み立てております。

タイキシャトル見事系統

  • スインフォード
  • ファラリス
  • セントサイモン
  • マッチェム

つまりこれで見事系統はバッチリです。

タイキシャトルの面白系統

  • ロイヤルチャージャー ①
  • ハンプトン      ②
  • ニアークティック   ③
  • ハンプトン      ②

自家製繁殖牝馬の面白系統

  • スインフォード    ④
  • ファラリス      ⑤
  • セントサイモン    ⑥
  • マッチェム      ⑦

つまり8系統のうち7系統が別になりますので面白が成立しますね

要するに完璧な配合になるわけです!

付ける牝馬の質を考えるとかなりいい馬が出来そうな予感もします

最後に血統式を書いておきますね

タイキシャトル(1998)× (ノヴェリスト × ブリングイットオン) × ステアクライマー

ノヴェリストとブリングイットオンの種牡馬にステアクライマーですからね!お間違いなく