【ダビマス】アグネスタキオン〆の配合例

※こちらの記事はファンブログにて掲載したものです。

グランドマスターの報酬でもらえるアグネスタキオンを使った配合例です。

アグネスタキオン

面白系統

  • ロイヤルチャージャー
  • テディ
  • ナスルーラ
  • スインフォード

見事系統

  • ファラリス
  • ハンプトン
  • マッチェム
  • ハンプトン

見事系統が…カオスすぎる…

完璧な配合が出来るのはいいのですが…いかんせん〆肌作りが大変なのは間違いありません。

という事でこの配合は多少のリスクをお覚悟です

肌牝馬を生産


ヒシミラクル × ブリングイットオン(種牡馬)

ディクタット × プルークボーゲン(牝馬)

※ヒシミラクルでハンプトン、ブリングイットオンでファラリス、ディクタットでマッチェム、プルークボーゲンでハンプトンをカバーしております。

アグネスタキオン面白系統

  • ロイヤルチャージャー ①
  • テディ        ②
  • ナスルーラ      ③
  • スインフォード    ④

〆牝馬面白系統

  • ハンプトン      ⑤
  • ファラリス      ⑥
  • ハンプトン      ⑤
  • マッチェム      ⑦

まだマシなのは牡牝入れ替わりでも対応できますので無駄が少ない点

どちらでも構いませんので肌馬をつくってアグネスタキオンを配合すると完璧な配合です

肌が弱すぎるかもしれないのでリスクがありますのはご了承ください

まとめ

アグネスタキオン × ((ディクタット × プルークボーゲン)×(ヒシミラクル × ブリングイットオン))

※ディクタットを種牡馬にまわしてもヒシミラクルを種牡馬にまわしても大丈夫です

追記

個人的には最近でた名牝や限定名牝を上手く使って生産した方がいいかもしれません…