【ダビマス】ダンシングブレーヴ1986を使った配合例

海外種牡馬を使った配合例第二弾はダンシングブレーヴ1986です。

新規追加の名牝トーンスタイルと配合すると完璧な配合になります。

ダンシングブレーヴ1986

面白系統

  • ニアークティック   ①
  • フェアウェイ     ②
  • ロイヤルチャージャー ③
  • フェアウェイ     ②

見事系統

  • ネイティブダンサー  ④
  • ヘロド        ⑤
  • トムフール      ⑥
  • テディ        ⑦

トーンスタイル

面白系統

  • ネイティブダンサー  ④
  • テディ        ⑦
  • トムフール      ⑥
  • ヘロド        ⑤

※種牡馬側の見事とトーンスタイルの面白系統の数字が一致しますので見事な配合が成立。かつ8系統中7系統が異なる系統ですので面白い配合も成立。すなわち完璧な配合になります。

毎回、このような解説を入れさせていただいておりますが、配合に慣れた方なら常識でもこれからダビマスをやる方やダビマスから始めたライトユーザーの方にもわかりやすいようにしております。

さて、問題はこの先です。正直言うと牡が産まれると初期牝馬からの完璧の場合は残念感があります…出来れば牝馬を産んで欲しい所です…

一応、牝馬が産まれたと仮定してその先の配合を導いてみました。

完璧な配合にするなら…

自家製種牡馬を生産

タピット × ヨロコビノウタ

ナリタトップロード × ヨロコビノウタ

生産した自家製種牡馬に

ロジカルシンキング

牡を生産して種牡馬にします。それにダンシングブレーヴとトーンスタイルの牝馬に配合すると完璧な配合になります。種牡馬が2代目になるデメリットはありますが、完璧な配合の牝馬に完璧な配合になりますので期待は持てます。

系統構成は以下の通りです。

ダンシングブレーヴ × トーンスタイルの牝馬

面白系統

  • ニアークティック   
  • ロイヤルチャージャー 
  • ネイティブダンサー  
  • トムフール      

ヨロコビノウタは父がヘロド系、ロジカルシンキングは父がテディ系と面白系統に異系が入り見事系統には主流系統が入ります。ロジカルシンキングは父母父にトムフールが入るので異系の配合には使える繁殖牝馬ですね。

((タピット[ナリタトップロード] × ヨロコビノウタ) × ロジカルシンキング)

× (ダンシングブレーヴ × トーンスタイル)

完璧な配合はタピットとナリタトップロードのなのですが見事にするとかなりの種牡馬が選べます。以下、ヨロコビノウタに配合して種牡馬にすると見事な配合になる種牡馬一覧です。

※数が多いので★5と★4のみ掲載。★3や★2もありますよ。

ヨロコビノウタに配合

★5

ガリレオ

ヴィクトワールピサ2011

★4

ウォーフロント

ゴズホークケン

ゴールデンセンツ

ゴールデンホーン

ゴールドアクター

スズカマンボ

スピルバーグ

ゼンノロブロイ

ネオユニヴァース

ハービンジャー

フリオーソ

ヴィクトワールピサ

ダンシングブレーヴとトーンスタイルを繁殖牝馬にあげると短距離クロスはコートマーシャルが有効そうですが、コートマーシャル自体が少ないので実用的にはならなそう。リファールやミスプロあたりが有効になりそうです。

今回は組み合わせの幅が広いのでいろいろ出来ると思われます。お試し下さい。