スポンサーリンク

月曜日は何か読み物的なものを書こうかなと思い立ったので書きます。

私は昔からゲームは好きな方でしたのでいろいろなゲームを触ってます。

スマートフォンが普及し今や中学生や小学生でさえ持っている時代です。当然、そこをターゲットにしたゲームも数えきれないくらいリリースされております。

さて、ダビマスをやっておられる方の年齢ってどのくらいなのでしょうか?

おそらく、過去の作品を夢中になってやっていた世代が中心なので20代後半から40代くらいの層かと思います。

では、皆さんが過去作をやっていた年齢はおいくつですか?

ドリコムさんに考えて欲しいのはそこにあるのではないでしょうか?

過去作で特にダビスタが競馬ゲームで一番だったのはダビスタ2〜プレステ初期の頃くらいかと思います。もう20年近く前ですね。

あれ?その時にプレイしてた層の大半は「馬券を買えない未成年がほとんど」じゃありませんか?

『馬券が買えない未成年が競馬ゲームに夢中になる』

現在のダビマスはどうでしょう?ダビスタを懐かしむ層が中心ですが「ダビマスをやって競馬を知る層」というのはほとんどいないのではないかと推測されます。

現在のシステムは低年齢向けのコンテンツではありません。もちろん課金が必要になるのは致し方ありませんが、例え公式でトップにならなくとも、低年齢の層が競馬ゲームでもう少し遊べる環境にしてあげるのが売上向上に繋がると思うのです。

現在の日本と同じで「ダビマスというゲームは高齢化」しております。

私は子供と「ドラゴンボール・ドッカンバトル」というゲームもやっておりますが、課金者にも課金があまり出来ない低年齢層にもバランスよく作られてるなと思います。当然、ゲーム内容もシステムも全然違いますが、共通するところがあります。それは…

大人でこのゲームをプレイしている年齢層がダビマスでをプレイしている大人の年齢層に近い

という事です。ただ、大きく違うのは…

昔のダビスタと違い低年齢層がほぼ皆無である事。

ではないでしょうか?

「既存ユーザーにシフトして」という方針が今でもそうなってるのかわかりませんが、現状のアップデート内容を見る限りではちょっと違うのではないかと思います。

既存ユーザーの妥協の範囲も攻めきれず、低年齢層もやらないゲームは衰退するしかありません。

「もっと遊びやすさを追求して欲しい」

石をバラまけと言っているのではありません。例えば種交換ポイントをもっと攻める。無償BC枠を増やすもしくは買いきり枠を設ける。これだけでも全然違うと思います。あとはもっとテストしてから調整等をリリースさせる。

やれる所は沢山あるのは作っている運営さんが一番わかっているんじゃないですかね?

さて、今日はここまで。

スポンサーリンク