スポンサーリンク

軍団BC~復活のG~を開催いたしました。

どうもイーエルです。

11月の中旬から告知をしておりました「ダビマス軍団BC~復活のG~」を12月16日から開催いたしました。

当初は4チームくらいの応募かなと思いましたが、15チーム、総勢75名の参加と大変な盛り上がりをみせました。各チームには公式優勝経験者や常連さん、ダビマスyoutuberの競馬好きお兄さん、ダビマスニコ生主のウルトロンさんも参加してくれました。

ウルトロンさんコミュニティー

競馬好きお兄さんチャンネル

それでは1回戦から振り返ってみましょう!

1回戦からハイレベルの戦い

トーナメント表はこちら!

 

まずは1回戦Aブロックを行いました。

オナズリ軍はAチーム、Bチームと2チームも参加していただきました。オナズリ軍Aの代表者は小太郎ハナさんです。また、TEAM東北はワタナベさん率いる強豪チームです。結果はTEAM東北が順位ポイントで競り勝ちました!

続いてはダビマスyoutuberの競馬好きお兄さん率いる「お兄さんと愉快な仲間たち」といかにも資金が潤沢そうな、もちかねさんが率いる「モチカネイワシミズ」の戦い。おつかれ牧場さんとギーク牧場さんのワンツーでお兄さんチームがポイントを重ねて勝利。ただ3着から5着まではモチカネイワシミズチームが独占。順位がちょっとでも入れ替わったらひっくり返ったかもしれませんね。

続いて登場がとりのこされ牧場さん率いる「チーム名古屋」こちらはオリジナルのチームロゴも作成しており意識の高いチームです。ラブヒメの馬気持さん、レインボーさんと強烈なメンバー構成です。対するは、ダビマスニコ生主のウルトロンさん率いる「チームまったり勢」ですが、メンバー見渡すとどこから見ても「まったり」とは程遠いメンバー構成でしたw

結果はヴィルトロンがレースは制するも安定感のある名古屋がポイントを重ね、今回の大会で採用した「下剋上ポイント」で加点して勝負あり!そう、名古屋の強みはお家のりゅう牧場さんの★2の強さです。地味に相手チームにダメージを与えております。

そして「TEAMカカチニ」と「底辺爆走伊右衛門と愉快な下僕の皆様達」なのですが、カカチニのリーダーさんのお仕事が忙しく連絡がとれずじまいになってしまい、伊右衛門さん率いる「底辺爆走伊右衛門と愉快な下僕の皆様達」が不戦勝となりました。

カカチニのリーダーさんとは後で連絡がとれまして、後日、エキシビジョンでこのカードを行うことになりました※本日ツイッターにてレース動画あげました。

続いてBブロック

Bブロック初戦はダビマスオフラインミーティングでもお会いした「亜季牧場」さんが率いる「オナズリ軍チームB」とこちらも会場でお会いした「ヤクソク牧場」さん率いる「チーム四国B」です。チーム四国さんも2チーム参加してくれました。

結果はチーム四国さんのエースクラスが大活躍のワンツーフィニッシュで勝負あり。オナズリ軍はABとも敗退してしまいましたが2チームも投入してくれたオナズリ軍さん本当にありがとうございました!

続いては四国勢からオフ公式でも活躍された「ちゃんた牧場」さん率いる「チーム四国A」と「はるな牧場」さん率いる「UMAP」が登場です。オフミでは「コンドゥ牧場」さんとUMAPからは「ぶんぶん牧場」さんにお会いできました。お話しできて良かったです。

さて、結果ですが、不動の強さを誇るトウボーハートが楽勝かとおもいきやリーダーはるなさんのユリシーズがなんとねじ伏せて勝利!【ユリシーズは非凡なし】の馬です。非凡がなくてもまだまだダビマスは戦えるというのを魅せてくれました!軍団BCベストレースの一つです。総合は、はるな牧場さんの健闘も総合力の高さでチーム四国が勝利。こちらも帝愛王国さんの★2が強い。下剋上ゲットしました。

続いては特殊な条件のBCや道場破りなど異色の存在である「トンボたん」牧場さん率いる「はちっくすだョ!全員集合」と明石市民限定チームで構成された「ゴリゴリ明石軍団」の登場です。何ではちっくすって名前なのかなと思ったら限定に出走のラウンド牧場さんのツイッターアカウントが「はちっくす」さんという名前でしたw明石軍団は毎日オフ会出来そうですね。近くにダビマサーがいて楽しそう!

さて、結果ですが順位ポイントでは「はちっくす」が上回っていたのですが、がっきー牧場さんのテラキオンアースが下剋上ポイントを獲得して逆転!大接戦でした。

チーム北の国からは1回戦シードの為に試合なし、その間にも生産を続けていたそうです。恐るべし…

1回戦の総評

各陣営の動きをみていると非常に面白かったです。次回の参考にしていただきたいのは★1や★2の使い方です。今回★1は相当厳しい条件になってしまいました。★2でも強豪と言われているチームは「最低でもスピA」を投入してきております。

さらに「実績を積ませる」事によって限定で出てきそうな馬の主戦を奪い取る作戦が水面下で起こっておりました。現在の仕様だと騎手によっては大きな格差が出る場合もあり、これをついた作戦は有効でもあります。

また★2をしっかり作りこんで★3を倒して下剋上を狙う動きも多かったです。この辺は次回やる際にはポイントになりますね。

2回戦以降は明日以降に掲載します!お楽しみに!

スポンサーリンク