【ダビマス】ライバルに負けないで

スポンサーリンク

ライバルゲームに差をつけられてます…


どうもイーエルです。

昨日、Twitterで「ダビマスがセルランでダビパクに負けてるじゃん」

というtweetを見ました。まさかと思って私も調べると…

なんと…

セールスランキングは日々変動しておりまして、イベントなどが開催されれば大きく変動します。たとえばバンナムさんのドッカンバトルなどは、先日「身勝手の極意・孫悟空」の覚醒が出来るようになり、それと同時にガチャでもドッカンフェスを開催したので課金された方も多く、セールスランキングのアンドロイド、Appで両方とも1位を獲得(凄すぎる…)という事があります。

当然、目玉イベントがなければ通常運転ですので日々の結果が出るわけです。


ジャンルがジャンルだけに上位までは難しいけど…

ドッカンバトルやモンストなどと比較するのは年齢層の関係で否定的になるのはありませんが、競馬ゲームかつシミュレーションである「ダービーインパクト」に負けてるではありませんか…

数々のハードにリリースして競馬ゲームではトップに君臨してきた「ダービースタリオン」が苦戦しているわけであります。逆に言うと「ダービーインパクト」の運営が必死に頑張っている証拠になりますね。過去に実績があったわけでもなく、それでいて「競馬ゲームの王様」を相手に商売するのですから。

という事でどうしてダビマスが苦戦しているのかを個人的に検証してみた。


お手軽さはダービーインパクトが圧倒的

プレイを開始するとダービーインパクトは序盤から初心者がとっつきやすいようにある程度勝てる仕組みになっています。ダビマスは過去の流れからわりと初心者には厳しい感じです。過去作をプレイしている人なら気にしない流れですが、初めてプレイする人からすると、すぐに行き詰る可能性はありますね。この辺は時代の流れでもう少し緩和した方がいいのではないでしょうか?

また、ダビマスの仕様を考えると「初期プレイの報酬の少なさ」が新規が増えない原因があるのではないでしょうか?ダビマスはご存知の通り「種を消費」するゲームです。抽選会で当たった種牡馬は種付けすると無くなる。再度つけたい時は「交換ポイント」を使って交換をする。という事は初心者の方が運よく「非凡種牡馬」が当たって何もわからず種付けして再度種付けしようと思ったら交換ポイントが全然なくて付けられない…

という結果に陥ります。また、行動力も30年というのは少ないですね。一頭つけて産まれるのが翌年ですよ?あと29年しか無制限期間がありません。配合理論などをやっと覚えて少し頑張って生産しようかな?と思ったらもう既に30年経過してしまい、研究すら出来ずに行動力だけ無駄につかって動けない。せめて100年は無制限にするべきじゃないでしょうかね?

種は消費ものですから最初のガチャは最低10連は出来るようにした方がいいですね。


既存ユーザーにはキツイ!イベントの数々

これが一番の原因じゃないですかね?

・いつやるかわからないリーディング

・縛り配合乱発の公式BC

・間隔の短い「公式BCのバーゲンセール」

・何もない期間はまったく刺激のない日々

あげるとキリがありません。プレイ年数が経ってくると重賞やG1制覇も終わってしまいます。ここ最近では縛りBC→縛りBC→中山記念→大阪杯と短期間でどうみても苦しいイベント内容。課金、無課金に関わらず生産をするという事を考えると、どのレベルでも相当厳しい。

また、中山記念は「グレード別BC」という事ですがユーザーのレベルに比例したものではなく「あくまでの現在のランク」での開催になるため、それなりレベルの人と公式チャンプが同じ土俵にあがってしまいます。過去のBCの最高順位等で振り分けるなどすればもっとレベルが合せられるのではと思いますね。

リーディングもオフミでお伝えしたのと認識がだいぶ違っておりまして、現在は「回数が減った上に報酬もトータル的には少ない」状況に陥っています。

当初は毎週末に行う都合で「年齢層から週末に家族サービスもしないでスマホを弄繰り回す状況が厳しい」「リーディングの状況からフレンドを切るという状況を何とかしてほしい」という流れでした。

開催期間は長くなりましたが、いつやるかわからない、結局毎週やっていたほうがユーザーにはお得だった。という結果になってしまっています。毎週開催でフレンドの関係のポイントだけを改善すれば良かったのに…と思いますね。


このようにあげるとキリがありません。

そろそろユーザーアンケートとかしっかりやるか「オフラインミーティング」の日程を出すべきじゃないですかね?

ダビマスは玄人仕様です。ダービーインパクト運営さん以上に必死にならないと、どんどん差が開きますよ。

それではまた。

 

【ダビマス】非公式BC「ZERO4」開催のお知らせ

スポンサーリンク

非公式BC「ZERO4」開催します


どうもイーエルです。

頑張って生産すると種が枯渇してプレイ自体出来なくなりますね…課金・無課金問わず、ぶん回し生産すると当たっても外れてもダメージがデカい…

まぁ、種がまだまだ高いのと「★4で25pとか★5で250」などというケチくさい交換Pを改善すればまだマシなんですがね…「生産が止まる=課金が止まる」これ重要です。フジキセキを手に入れてもレシピを考えて組んでも途中で種が尽きそうならしばらく我慢になる…悪循環ですね。運営さん早く改善した方がいいですよ。

さて、そんな中で私もあまりダビマスが進められないのでBCを開催します。


非公式BC「ZERO4」

コース 新潟1000m 天候 晴 馬場 良

制限なし

参加数に応じて優勝条件が違いますw

参加数小…同メンバーでレースを2回して「総合順位」が優秀だった馬

参加数大…一発勝負でレース「タイムが一番速かった馬」が優勝(4組出来そうなら4組の各1位でタイムが一番速かった馬が優勝)

レース方式「ひとりでBC」

エントリー開始

3月27日12時から

レースは3月31日

動画にて結果をアップしていきます!

エントリー方法

私のTwitterにDMもしくはこちらを上げたお知らせtweetに牧場名のみで結構です。馬は制限なしなのでスクショ等不要。

上位の方にはインタビューをさせていただきます。

今回、制限なしにしたのはなるべく既存馬で参加してほしいからです。制限BCは種を枯渇しますし、条件を増やすと再生産になるからです(それでも生産して出したい方は自由にw)

非公式は気を張らずに遊んでもらうのが目的です。

皆様の参加をお待ちしております!

スポンサーリンク

【ダビマス】たるこを走らせました。【リアダビ】

スポンサーリンク

たるこ配合の牝馬をデビューさせました。


どうもイーエルです。

シュシュブリーズ2018(たるこ)が先日亡くなり、その追悼の意味もこめまして「ダビマスでたるこをデビューさせよう」と一人でやり始めました。

たるこ配合追悼BCも行う予定ですが、集まらない場合は何か動画にでもして追悼をしようかと思います。というかホッコータルマエが★5というのが高すぎる・・・

なんとか一発勝負で牝馬が産まれました。

ゲーム上ではアウトブリードな感じですが、レイズアネイディブとヘイルトゥーリーズンのニックスなんですね。

馬名は「タルコレクイエム」と命名しました。解析をした結果、スピスタEEとかなり厳しい…ですが根性Cと気性Bという事でオープンクラスなら何とかなるかと思いますね!ダートCもいいですね。

晩成メモリ6でしたが、なんと新馬勝ちをしました。たるこ勝ったよー!

2戦目のヤマボウシ賞では後続をぶっちぎって勝利!鞍上は内田騎手で勝負服は大井の帝王こと的場文男騎手と同じです。まさにたるこが将来走るべき姿!だったはず…帝王が乗ってくれたかもしれませんね…

レースをちょこちょこ使いましたが、晩成で重賞出てもさすがに歯が立ちません…ですが、桜花賞に出る事が出来ました。たるこは8着でしたがG1馬に先着出来ました。やるじゃないか!

たるこ最大の激走はこちら。お父さんもダートの中距離が強かっただけに、たるこもシリウスSであわや勝つかという所でした。惜しい!

そして、たるこは中央のG1へ!このメンバー相手に頑張りました。内田騎手がトランセンドに…トランセンドは「藤田」の兄貴でしょーーー!

重賞ではあと一歩のたるこもオープンクラスは勝ってくれました。リアダビでここまで来れば大変に盛り上がったと思います…

たるこ追悼BC用に仕上げきって最後のレースはブリリアントSにしました。しっかり勝ってくれました。ここでBC登録を済ませました。


無事にデビューさせる事の難しさを痛感しましたね。

ゲームは簡単にデビューさせる事が出来ますしG1も簡単に勝つことが出来ますが、リアルでは産まれてからの毎日が戦いなんだなとリアダビを見て改めて思いました。

たるこは残念ながらデビューする事なく亡くなってしまいましたが、リアダビを見ている方の心にはたるこがいると思います。

リアダビみてダビマスをインストールして進めてない方、是非、たるこ配合で「自分のたるこ」を生産して走らせてあげて下さい。

ゲームでも走らせてあげて供養してあげれたらと思います。


たるこを生産したら参加して下さい!

もしたるこ配合で生産した方がいましたら追悼BCをやりますので

https://eldabimas.com/2018/03/22/post-1110/

こちらにアクセスして下さい!

日程が急ですが集まった方でやります。

ご参加お待ちしております!

それではまた!

たるこ安らかにお眠り下さい。

スポンサーリンク

【ダビマス】たるこ追悼BCを開催します。

スポンサーリンク

大変残念なお知らせでした・・・


どうもイーエルです。

先日、天童なこさんのtweetみて私は知ったのですが「リアルダビスタ」で昨年シュシュブリーズにホッコータルマエを付けて今月上旬に無事に産まれた牝馬「たるこ」が亡くなったとの事です。

時間があるときばシュシュブリーズの馬房などを見ておりましたし、産まれた日の放送も見ていただけにショックです…

ダビマスとのコラボ放送で限定BCなども行って盛り上がった矢先の訃報に残念でなりません。

明日にリアルダビスタ放送で詳しい状況がわかると思いますので、何があったのかは放送を皆さんでみましょう。


デビュー出来なかった「たるこ」の為に…たるこ配合BC

残念ながら競馬場で走る事の出来なかった「たるこ」の為にせめてゲームで走らせてあげたい。

明日から公式BCのエントリーとなっておりますが、今回は被ってもたるこ配合BCを開催いたします。

配合限定BC「たるこ追悼BC」

時 3月24日 22:00

ひとりでBCモード

ホッコータルマエ × シュシュブリーズ のみ

性別 

コース

ドバイWC設定

参加希望の方はこの記事を執筆後にTwitterに更新情報をあげますのでコメントもしくはDM下さい。

イーエルTwitter

https://twitter.com/hanabishi_636


今回は勝利を競うというより、皆さんの思い思いの「たるこ配合」で父が走ったドバイの地を駆けさせてあげようという企画です。

公式BCもありますし、ホッコータルマエ自体が★5ですのでお付き合い出来る方で結構です。

一応レースですので参加者が多かったら予選をやりまして決勝までレースはいたします。

なお、今回は決勝もしくは参加者が少なかった場合の1レースのみの場合でも参加者の皆さんに一言をお聞きしましてこちらのブログにて追悼コメントとして掲載いたします。

リアダビファンでダビマスもやっている方どうぞお付き合い下さい。

『ゲームだけどドバイで走らせてあげるからな!』


私主催のBCで主催者の私は参加していないのですが、今回は参加します。

ホッコータルマエの為に非凡の種を分解しました。

シュシュブリーズにつけたら一発で牝馬が産まれましたのでそれで参加します。

それではまた。

スポンサーリンク

【ダビマス】カカチニ杯開催のお知らせ

スポンサーリンク

カカチニ杯開催のお知らせ


どうもイーエルです。

今回は有志の方のBC開催のお知らせをいたします。

軍団BC~カカチニ杯

カカチニって何よ?と思っている方へ

代表はコウダスさん

https://twitter.com/dmas3601

ブログページ

http://blog.livedoor.jp/koudasu12/archives/7559153.html

カカチニさんは過去の雑誌主催の軍団BCに掲載されたチームです。しかも優勝されたチームでして実績はAです。私の軍団BCにも参加して下さりシルバートーナメントでは優勝もされました。

第1回 カカチニ杯軍団BC

◆   参加エントリー〆切 3月21日(水) 先着順16チームまで

     メンバー未確定でもエントリー可能です。

◆   予選リーグ登録馬〆切 3月24日(土)
     24日までに予選リーグ用の登録馬をお知らせください。
     星4以下はスクショ証明をお願いいたします。

◆   予選リーグBC処理開始 3月25日(日)~

 

締切まであまり時間がありませんが、エントリー状況がかなり寂しいとの事でこちらにて宣伝させていただきます。

私が主催している軍団BCと大きな違いもあります。違った楽しみ方が出来ると思います。


EL主催の軍団BCとの違い

子系統ボーナス

エントリーした馬の子系統によりボーナスが加点されるようです。要するに「あまり人気のない子系統」で出走させるとボーナスが加わります。マイナー血統にとって有利になります。

星ボーナス

こちらは純粋に種牡馬の星の数で加点されるボーナスです。星が少ないほどより加点が増えますね。

非凡あり、才能あり

私の軍団では星4から非凡なしですが、こちらはオールオッケーです。子系統や星ボーナスなどが加点の対象とする事で可能になっていると思います。

エントリーが少なく開催できるか厳しい状況です。どんな血統でもチャンスがある軍団BCですので、是非ご参加下さい!

スポンサーリンク

【ダビマス】久々にあのお方がお怒りのようです。

スポンサーリンク

久々に登場!あのお方がお怒りのようです。


どうもイーエルです。

久々にあのお方がお怒りのようですので、こちらにお越しいただいた方、限定で視聴できますw

どうぞご覧くださいw

スポンサーリンク

【ダビマス】第13回公式BC優勝者から学ぶダビスタ学

スポンサーリンク

第13回公式BC優勝 卯月牧場さん


お待たせしました。第13回公式BC優勝の「卯月牧場」さんからお返事をいただきました。沢山書いていただいたので以前にも「ぐるぐる」牧場さんの時にやったような感じで記事にしていきます。

卯月牧場さん

ダビマスリリース後から強豪馬を多数輩出し、オフライン公式でも上位に輝くなど、常にダビマスを引っ張ってきた方です。輩出する馬のレベルは常に高く「鬼」とか「邪神」とか言われております。先の軍団BCでは「チーム五獣将」を率い見事優勝!オフラインミーティングでお会いしましたが、ご本人は紳士な方でとても邪神ではありません。奥山Pに提出した「卯月文書」を一部いただき今でもクリアファイルに入れてあります。

 


本当は参加する予定でなかった!?

参加を決めた背景

リアル生活が忙しくなっていたこともあり、2月は軍団BCに全力投球し、公式BCは全て不参加のつもりでしたが、 軍団BCでは(一応)リーダーとして、メンバーとの情報交換などで時間を使うことが多く、結果として思っていたより手元に種が残っていたので、 参加することを決めました。


計算された戦術と血統背景

戦前の考察

第5回の魔神配合BCの時よりも色々な血統の種牡馬が増えていたこと、実績Aであること、そして血統構成から、 星5のシュヴァルグランは、しっかり作ればジャパンカップ条件での最強クラスも狙えそうだなと思いました。

その上で、今回の公式で決勝に行くためのポイントは以下の3点と考えました。

・父の血統で工夫できないので、究極レベルでは素体の差が付きにくい

・そのため、斤量、得意騎手、才能によるステータスアップの重要性がいつも以上に高い

・また、シュヴァルグランが早熟なので、実績をしっかり積めば得意騎手が確保しやすそう(育成の経験知が活きそう)

上記を踏まえて工夫した点

・肌馬で、スピスタBB海外以上が作りやすい配合であること

・締めで短距離クロス1種、速力クロス2種以上、できれば3種になること

・才能、騎手はステータスアップを優先すること

特に3点目は今回の大会に限っては意識した部分です。

結局は、スピスタ気性などを基準に位置取りを決めているわけなので、「万一騎手を剥がされてもポジション争いで負けない」ことを重視しました。


そして、誕生ヴィタメール

優勝馬について

見事な配合の短距離クロス1種、速力クロス3種で生産してみて、複数のスピスタAB馬が生まれた中で、成長型がうまく持続になってくれた1頭がヴィタメールです。

肌馬は、BB海外のスピードタイプで、残念ながらスタミナはそこまで高い馬ではありませんでした(よいどれ式の90未満)。

スタミナはやや物足りないのですが、肌馬のスピードがB上位であったことと、速力クロスをしっかり3種入れたことで、スピードはなかなか高い馬になりました。

何よりしっかり実績を積んでルメールを主戦にできたので、対戦相手にとっては嫌らしい存在になれたのではないかと思います。


気になるライバルオーナー、ライバル馬

決勝メンバーはどの馬も強いですが、中でもミヤノパニオンコ(あらた牧場さん)が抜けているな、と思っていました。 また、野良で早い時期から目立っていたのが以下の4頭で、これらの馬が野良にいなかったらここまで頑張ろうとは思わなかったし、 ヴィタメールも誕生していなかったので、この場を借りて感謝の気持ちを伝えたいですね。

・アヴァランシュ(浜渡牧場さん)

・エグヴァンパイヤ(エグタク牧場さん)

・ミノリノメデューサ(みのり牧場さん)

・ヤマチヴォン(やまち牧場さん)


卯月文書だけでは物足りない!運営さんにここをお願い!

もっと「プレイヤーに選択権を委ねる」ということを意識してもらいたいです。

例えば、今回の公式BCも、星5のシュヴァルグランが1頭でもあれば公式BCに参加したい、と思っていたプレイヤーは多かったはずですが、 決戦報酬を絞ったために参加する選択肢すらなかった、という人は多いと思います。僕もキタサンブラック限定の公式BCで同じ思いをしました。

また強い才能も、時間をかけるか、さもなくばお金をかけるか、のどちらかで、常にプレイヤーが取得可能な状態にして欲しいですね。 あとは、BCで星の数での限定戦を開催できるようにして欲しいですね。

星3以下の限定戦でも、最強を目指せば血統構築の段階で星4とか、場合によっては星5も使いますし、星5の最強馬生産ほどのコストはかからないけど、 生産や育成の楽しさは一通り味わえる、という意味で良コンテンツになると思います。なかなか奥深いですよ。

ダビマスが提供している一番の価値は、①生産、②育成、③対戦、④他プレイヤーとの交流、のサイクルがスマホを起点にさくさく回ることだと思ってるので、 新規も復帰者も含めて、1人でも多くこのサイクルに乗せてもらって、たくさんのプレイヤーと末長くプレイできるゲームであることを期待しています。


トッププレイヤーから学ぶべき点。

今回、卯月牧場さんから沢山の文章をいただきまして、トッププレイヤーがどう考えてダビマスをプレイしているのかというのが少しでも見えたかと思います。

ダビマスは課金してるから強いというゲームではありません。特に公式となると大量の種が必要なので種交換Pが足りないときは抽選会して補ったりされてると思われます。

そして「このコースには何が必要なのか?」を分析して必要な才能がガチャであれば確保するなど頭脳もお金も必要になってきます。それは大変な労力でしょう。

そこまでは・・・という方も公式のコースが公開されたら「何が必要でどんな種を選ぶか?」をご自身で想定してみるのも良いと思います。

知識・戦術・資金力とすべてが揃ってこそ「頂点」に君臨できるのだろうなと個人的には思いました。

今回、取材協力していただいた卯月牧場さん始め、公式上位の方とファントムコンチのこんちさんには感謝いたします。ありがとうございました!

スポンサーリンク

【ダビマス】第13回公式BC恒例の独占インタビュー

スポンサーリンク

第13回公式BCが開催されました!


どうもイーエルです。軍団記事の後は激務だったため隠居してましたw

さて、先週末から第13回公式BCが開催されましたね!お題は佐々木コラボにあわせて【また魔人配合BC】でした…今回は「決戦!シュヴァルグラン」にて非凡な才能を持つシュヴァルグランが稀に手に入るという事でそれが中心と思われる動きでしたね。私はシュヴァルグランが手に入ったのがエントリー開始の次の日…諦め全開でヴィブロス産駒で散りましたw

さて、私の事はさて置いて、今回もハイレベルな公式BCとなりました!結果は皆さんもご存じかと思いますがおさらいで…

優勝  ヴィタメール   卯月牧場さん

準優勝 ミヤノパニオンコ あらたー牧場さん

3位  セーカダイマジン 特区養父牧場さん

となりました!

もちろんこの3名様から貴重なインタビューが出来ましたので掲載させていただきます!


3位  セーカダイマジン 特区養父牧場さん

EL
第13回公式BCの3位おめでとうございます!
特区養父牧場さん
ありがとうございます!

EL
①今回の配合のポイントをお聞かせください。苦労した点や工夫した点などありましたらお願いします。
特区養父牧場さん
前回の魔神公式でヴィブロスの手応えが悪くないとみなさん言っていたので、微課金で種も限られることからヴィブロスからのんびりいこうと思ってました。

が、ヴィブロス全く出ず、逆に☆5シュヴァルグランが早めに出たので、牝馬確定時に2、3回くらい付けようかと思ってコスパ重視でワシントンから☆4の完璧×2で進めたところ、BAの肌が出来てくれました。

少しチャンスあるかと思って予定を変更してがっつり☆5シュヴァルグランを付けまくった結果、BB連打でテンションがどんどん下がる中、牡馬ながら急に1頭だけ産まれてくれたAAがセーカダイマジンです。

スピA中位で課金才能も福永だけでしたが、うまく福永が乗ってくれました。それに過去のインタビューでウルトロンさんが仰ってたのですか、公式の準決勝や決勝とかになるとスタミナが効きますね。野良ではお兄さんはじめ、決勝に残ってる方々に全く勝てなかったです。

EL
②今回ライバルだと思ったユーザーさん、馬を教えてください。
特区養父牧場さん
①でも触れた通り、野良で勝てなかったので、ライバルなんて意識は全くなく、胸を借りる気持ちでした。みなさん、偉大すぎるので。。
EL
③先月、奥山Pから近藤Dに広告塔が変わった運営さんですが、何かありましたらよろしくお願いします。
特区養父牧場さん
ダビスタというコンテンツは悪くないと思うのに、ソーシャルゲームとしての盛り上げ方も売り上げの伸ばし方も的を得てるとは思えず、非常に勿体なく感じています。

ゲームバランスもまだまだ改善の余地がある。騎手の能力はある程度しょうがないとは思いますが、BCでの乗り替わりが嶋田や浜野谷とか意味不明過ぎる。イーエルさんはじめ、積極的に発信されてる方々を何人かコンサルで雇うべきですよ、ドリコムさん。

EL
コンサルなんて大それた事は出来ませんが、ダビマスが長く続くように非公式ながら頑張って参ります。ありがとうございました!

準優勝 ミヤノパニオンコ あらたー牧場さん

EL
第13回公式BCの準優勝おめでとうございます!
あらたー牧場さん
ありがとうございます!

EL
決勝前にダミカさんをかなり意識しておりましたが、お知り合いなのですか?
あらたー牧場さん
ダミカ牧場とマグナム牧場はリアルフレンドです(同級生)
EL
なんと!皆様、お知り合い以上ではないですかwしかもお三方とも決勝に経験があるというのはハイレベルな友人関係ですね!
EL
①今回の配合のポイントをお聞かせください。苦労した点や工夫した点などありましたらお願いします。
あらたー牧場さん
配合のポイントは安定Cを挟む配合だったのでそこでの跳ね具合と肌馬の能力特にスピード重視で生産しました。
EL
②今回ライバルだと思ったユーザーさん、馬を教えてください。
あらたー牧場さん
ライバルは野良で一緒になっていたエグタクさん浜渡さん卯月さんと思っていました。
EL
③先月、奥山Pから近藤Dに広告塔が変わった運営さんですが、何かありましたらよろしくお願いします。
あらたー牧場さん
運営さんには牡牝の格差騎手の格差(下位騎手が乗ると印がぶっ飛ぶ)の見直しをしてもらいたいですね。
EL
リアルフレンドもハイレベルで羨ましいですね!改めて準優勝おめでとうございました!

卯月牧場さんはお返事が来ましたら掲載となります!(OKは出てますのでご安心を!)


決戦!公式BCが始まりました!

さて、公式BC関係では「決戦!公式BC」が実装されました。今回は第11回公式BCの再現という事でユーザーは第11回の公式決勝メンバーと対戦して順位によりチケットなどが獲得できるモードです。決勝に残られた牧場さんは大変名誉でありますし、自分の馬が沢山の方に知ってもらえるというのも今後の公式のモチベにもいい影響になると思います。

という事で非公式運営は第11回公式BCの優勝馬「ファントムコンチ」のオーナーのこんちくん牧場さんにお話を伺いました!


EL
どうもどうも、決戦!公式初実装でいきなりご自身の優勝大会ですが、今のお気持ちをお聞かせ下さい。

こんちくん牧場さん

こんちくん牧場さん
じょ、冗談ですw

実際の所、嬉しさ半分、 自分の馬が出せないと知って悲しみ半分…

順位も騎手に大きく左右されますし、最下位もあるので苦笑いしか出てこないです^^;

EL
あ、ありがとうございました。Twitterの反応だと多少緩めの設定になっていそうですし、何とも当事者は微妙なんですね…w

こんちくん牧場さんありがとうございました。


次回の軍団BCにつきまして

周囲から「軍団のコースはよ!」という声が最近多くなっておりまして、いろいろ考えました!各所からご意見なども聞きまして検討した結果…

クイーンエリザベス2世カップ 設定 天候・馬場 ランダム

こちらで開催いたします。リアル競馬の開催時期も近いですし、アンケートの結果からシャティンという声が一番多かったのも理由としております。参加しない方も注目しているという点では面白いかと思います。

予定としては5月かな…と思います。ご期待下さい!

それではまたー

スポンサーリンク

【ダビマス】第2回軍団BC配合まとめ

スポンサーリンク

第2回軍団BCの配合まとめ


どうもイーエルです。

軍団BCも終わりまして1週間たちました。現在は皆さんシュヴァルグランの公式に向けて生産している最中ではないでしょうか?

さて、今回の軍団BCの配合を簡単にまとめていこうかと思います。

今回はポイントも細分化しまして★1や2の役割も重要になりました。★3を下剋上する事で3ポイント入ります。生産の自由度も解放しましたので★1でもACクラスは普通に参戦してきます。


★1 リーディングサイアーは「メイショウクオリア」

★1生産でメイショウクオリアを選択された担当さんが多かったです。私もメイショウクオリアでADの馬を所持していましたが、メイショウクオリアはダンスインザダークの完璧配合から更に完璧な配合でつなげる事が出来ます。ACクラスを出すには根気がいりますが、肌さえBBクラスあれば狙えない事もないでしょう。

お手軽ダンス完璧からのメイショウクオリア完璧な配合

軍団で使用された猛者の配合ではありませんが、実はお手軽に組める配合があります。良かったらお試しください。

エイシンワシントン × アマルテアソング ・・・牝馬を用意しましょう①

ダンスインザダーク × ①の牝馬     ・・・完璧な配合の牝馬②

メイショウクオリア × ②の牝馬     ・・・完璧な配合

エイシンワシントンはブロンズチケット抽選で手に入ります。ダンスインザダークもある程度、ゲームを進めて種抽選していれば手に入ります。メイショウクオリアも★1なのでそこまで入手も難しくはありません。エイシンワシントンの時点でスタミナは壊滅的な点がリスクですが、とりあえずDくらいでダンスに繋げば完璧な配合なのでBCやBBの出る可能性があります。メイショウクオリアの時点でAD、ACが出たら金星ですね!


★2はレシピをいただきました!

はい。お待たせしました。配合を公開していいよというチームの方からレシピをいただきました。実のところ、★1や2というのは「初心者向きではない」という事で初心者の方へ公開するのはちょっと…というチームさんがほとんどでした。「ケチくさい」と思う方もいるかもしれませんが、★1や2は交換ポイントが少ないから大量生産出来ますが、大半が駄馬になる可能性が高い。全部解析かけるわけですから資金は減る減る…という事で軍団に参戦した配合はとてもじゃないけどおススメできないと参加チームの方からの声でした。そんな中で「このくらいならいけるのでは?」とレシピを提供していただけました。

提供軍団 チーム逆襲のイワシミズ様

猛者のスタルヒンさんがリーダーの逆襲のイワシミズチーム。今回の軍団ではAリーグに参加して3勝1敗という好成績でゴールドトーナメントに進出した強豪チームです。

※St系(セントサイモン系)種牡馬 × ※2サンデー直仔 × スクラムマスター ・・・牝馬1

※St系はジャワゴールド、スターマン、タップダンスシチー、デビットジュニアなど

※2サンデー直仔の牝馬はウィルロックなど

メジロデュレン × (ディクタット × アクセスマップ)・・・牡馬A

牡馬A × 牝馬1 ・・・ 牝馬2

イスラボニータ × 牝馬2

完璧な配合 クロス・・・サンデーサイレンス、Halo

・ライトさんの最大の難関はメジロデュレンかと思います。手に入れるにはブロンズチケットを集めてブロンズの種抽選で稀に出てきます。では何故メジロデュレンを使うのでしょうか?おそらく牝馬2を生産するにあたり★が低いと肌馬が弱くなる可能性が高く★5を使うことでスピも安定させる事が出来る。またメジロデュレンな上にクロスにサドラークロスもあるので肌のスタが乗りやすい可能性があると推測できます。あとはイスラボニータを数打つという感じですね。


★3は多種多様

今回は自家製をありにしましたので皆さん多種多様な種牡馬を使ってきました。リーチザクラウン自家製が複数いたと思います。あとはナカヤマフェスタ、あの猛者はトウケイヘイロー自家製にして強烈な馬を生産しておりました。


★4はダンスインザダークが割と多い

★4はキングズベスト牝馬からのダンスインザダークが多かったですね。キングズベストの時点でBAなどが狙えるのでダンスでAAも視野にいれた生産という流れですね。★4あたりになりますとかなりハイレベルな生産になりますので、さすがにレシピなどは聞けません…


★5はジャスタウェイ?

★5はジャスタウェイの大爆発を発動している馬がおりました。北の国からとっちさんの「キタグニウェーイ」やカカニチの葵屋牧場さんの「ウエシゲスズ」はおそらく大爆発が発動してたと思います。この2頭がハマったときの脚はインパクトありましたね!

優勝された五獣将の卯月牧場さんの「プロフィトロール」などはスピードが半端なかったですね。あとチーム四国のヤクソク牧場さんの「ヤクソクレザルラス」は未完成での参戦だったとの事。先日、完成されたレザルラスがお披露目されましたが、とんでもない能力を持ったUMAでしたw


次回の軍団はダートかシャティン

先日、次回の軍団のコースはどこがいい?というアンケートをツイッターにて行いました。66票をいただきまして半数が「シャティン」という回答でした。ただ、毎回参加のチームからは「ダート」という声も出ております。とりあえず次回はこちらのどれかにします。ダートだったら1900mあたりかな…


配合は工夫が大事

軍団での生産はチームの底上げをする生産です。★1が限定にはほぼ勝てないですが、★3なら何とかなるのでそこを皆さん工夫しております。軍団レベルになるとかなり負荷をかけて生産するのでライトさんには不向きかと。

しかし、普段の生産も「配合理論」を意識して配合するとレースにも勝てますし、決戦などにも勝てる馬作りが出来ると思います。

よくわからないで適当に「★5」を配合してしまう。非凡な才能な種牡馬をセリ市牝馬にポン付けしてしまうなどしてませんか?

心当りがあれば一度配合を見つめなおして、配合理論を理解しましょう!

https://eldabimas.com/2017/05/22/post-18/ よくできた配合とは?

https://eldabimas.com/2017/05/22/post-21/ 見事な配合とは?

https://eldabimas.com/2017/05/22/post-23/ 完璧な配合とは?

一度理解すれば誰でも上達しますし、決戦のライバルに勝てるようになると更に楽しくなりますよ!

これにて第2回軍団BC関連は終了です。次回の軍団BCもご期待ください!

スポンサーリンク