スポンサーリンク

第2回軍団BCの配合まとめ


どうもイーエルです。

軍団BCも終わりまして1週間たちました。現在は皆さんシュヴァルグランの公式に向けて生産している最中ではないでしょうか?

さて、今回の軍団BCの配合を簡単にまとめていこうかと思います。

今回はポイントも細分化しまして★1や2の役割も重要になりました。★3を下剋上する事で3ポイント入ります。生産の自由度も解放しましたので★1でもACクラスは普通に参戦してきます。


★1 リーディングサイアーは「メイショウクオリア」

★1生産でメイショウクオリアを選択された担当さんが多かったです。私もメイショウクオリアでADの馬を所持していましたが、メイショウクオリアはダンスインザダークの完璧配合から更に完璧な配合でつなげる事が出来ます。ACクラスを出すには根気がいりますが、肌さえBBクラスあれば狙えない事もないでしょう。

お手軽ダンス完璧からのメイショウクオリア完璧な配合

軍団で使用された猛者の配合ではありませんが、実はお手軽に組める配合があります。良かったらお試しください。

エイシンワシントン × アマルテアソング ・・・牝馬を用意しましょう①

ダンスインザダーク × ①の牝馬     ・・・完璧な配合の牝馬②

メイショウクオリア × ②の牝馬     ・・・完璧な配合

エイシンワシントンはブロンズチケット抽選で手に入ります。ダンスインザダークもある程度、ゲームを進めて種抽選していれば手に入ります。メイショウクオリアも★1なのでそこまで入手も難しくはありません。エイシンワシントンの時点でスタミナは壊滅的な点がリスクですが、とりあえずDくらいでダンスに繋げば完璧な配合なのでBCやBBの出る可能性があります。メイショウクオリアの時点でAD、ACが出たら金星ですね!


★2はレシピをいただきました!

はい。お待たせしました。配合を公開していいよというチームの方からレシピをいただきました。実のところ、★1や2というのは「初心者向きではない」という事で初心者の方へ公開するのはちょっと…というチームさんがほとんどでした。「ケチくさい」と思う方もいるかもしれませんが、★1や2は交換ポイントが少ないから大量生産出来ますが、大半が駄馬になる可能性が高い。全部解析かけるわけですから資金は減る減る…という事で軍団に参戦した配合はとてもじゃないけどおススメできないと参加チームの方からの声でした。そんな中で「このくらいならいけるのでは?」とレシピを提供していただけました。

提供軍団 チーム逆襲のイワシミズ様

猛者のスタルヒンさんがリーダーの逆襲のイワシミズチーム。今回の軍団ではAリーグに参加して3勝1敗という好成績でゴールドトーナメントに進出した強豪チームです。

※St系(セントサイモン系)種牡馬 × ※2サンデー直仔 × スクラムマスター ・・・牝馬1

※St系はジャワゴールド、スターマン、タップダンスシチー、デビットジュニアなど

※2サンデー直仔の牝馬はウィルロックなど

メジロデュレン × (ディクタット × アクセスマップ)・・・牡馬A

牡馬A × 牝馬1 ・・・ 牝馬2

イスラボニータ × 牝馬2

完璧な配合 クロス・・・サンデーサイレンス、Halo

・ライトさんの最大の難関はメジロデュレンかと思います。手に入れるにはブロンズチケットを集めてブロンズの種抽選で稀に出てきます。では何故メジロデュレンを使うのでしょうか?おそらく牝馬2を生産するにあたり★が低いと肌馬が弱くなる可能性が高く★5を使うことでスピも安定させる事が出来る。またメジロデュレンな上にクロスにサドラークロスもあるので肌のスタが乗りやすい可能性があると推測できます。あとはイスラボニータを数打つという感じですね。


★3は多種多様

今回は自家製をありにしましたので皆さん多種多様な種牡馬を使ってきました。リーチザクラウン自家製が複数いたと思います。あとはナカヤマフェスタ、あの猛者はトウケイヘイロー自家製にして強烈な馬を生産しておりました。


★4はダンスインザダークが割と多い

★4はキングズベスト牝馬からのダンスインザダークが多かったですね。キングズベストの時点でBAなどが狙えるのでダンスでAAも視野にいれた生産という流れですね。★4あたりになりますとかなりハイレベルな生産になりますので、さすがにレシピなどは聞けません…


★5はジャスタウェイ?

★5はジャスタウェイの大爆発を発動している馬がおりました。北の国からとっちさんの「キタグニウェーイ」やカカニチの葵屋牧場さんの「ウエシゲスズ」はおそらく大爆発が発動してたと思います。この2頭がハマったときの脚はインパクトありましたね!

優勝された五獣将の卯月牧場さんの「プロフィトロール」などはスピードが半端なかったですね。あとチーム四国のヤクソク牧場さんの「ヤクソクレザルラス」は未完成での参戦だったとの事。先日、完成されたレザルラスがお披露目されましたが、とんでもない能力を持ったUMAでしたw


次回の軍団はダートかシャティン

先日、次回の軍団のコースはどこがいい?というアンケートをツイッターにて行いました。66票をいただきまして半数が「シャティン」という回答でした。ただ、毎回参加のチームからは「ダート」という声も出ております。とりあえず次回はこちらのどれかにします。ダートだったら1900mあたりかな…


配合は工夫が大事

軍団での生産はチームの底上げをする生産です。★1が限定にはほぼ勝てないですが、★3なら何とかなるのでそこを皆さん工夫しております。軍団レベルになるとかなり負荷をかけて生産するのでライトさんには不向きかと。

しかし、普段の生産も「配合理論」を意識して配合するとレースにも勝てますし、決戦などにも勝てる馬作りが出来ると思います。

よくわからないで適当に「★5」を配合してしまう。非凡な才能な種牡馬をセリ市牝馬にポン付けしてしまうなどしてませんか?

心当りがあれば一度配合を見つめなおして、配合理論を理解しましょう!

https://eldabimas.com/2017/05/22/post-18/ よくできた配合とは?

https://eldabimas.com/2017/05/22/post-21/ 見事な配合とは?

https://eldabimas.com/2017/05/22/post-23/ 完璧な配合とは?

一度理解すれば誰でも上達しますし、決戦のライバルに勝てるようになると更に楽しくなりますよ!

これにて第2回軍団BC関連は終了です。次回の軍団BCもご期待ください!

スポンサーリンク