スポンサーリンク

だんだん競馬予想ブログになってきている件・・・

どうもイーエルです。

牧場長の夏競馬企画を一人で盛り上げておりますw

さて、牧場長が七夕賞について反省しておりました。

昨日の七夕賞では、11番人気のメドウラークが7度目の重賞挑戦にして、初めて勝利を手にしました。まさかの展開に、私だけでなく恭一さんもなつきさんも予想を外してしまったようですね。何を重要視して予想すればいいのか、少しばかり自分なりに考えてみたいと思います。

「何を重要視して予想すればいいのか、少しばかり自分なりに考えてみたいと思います」

だ、大ベテランのはずの牧場長が迷える子羊になっておりますwww

というか、あるダビマスのフォロワーさんもよく言ってますが

「夏競馬は難易度が高い」

いやホントそれなんですw

何で夏競馬は難易度が高いの?

一応、私競馬歴は27年くらいになります。ミホノブルボンのダービーやナリタブライアンの3冠、サイレンススズカに関してはあの悲劇を現地で観戦など栄光や悲劇を見てまいりました。少なからず知識は並み以上はあるかと思っておりますw

さて、夏競馬はよく荒れます。主な要因として…

  • 夏開催の競馬場は直線が短い競馬場が多く人気薄が逃げ切る。逆に先手を取りたいがために乱ペースになって人気薄が追い込んでくる
  • 今年で終わりの制度ですが降級馬が混ざってきて人気になり飛ばす
  • 能力が足りてない馬にリーディング上位の騎手が乗って人気になり飛ばす。夏場は若手騎手が多く乗る傾向だが能力が足りてる馬なのに若手騎手が不安でどうしても人気騎手の馬券が売れる。
  • 馬は暑いのが苦手。思った以上に夏負けしていて本来の力が発揮できない馬も多い。(牝馬はわりと夏に強い。思わぬ伏兵で来るケースがある)

ざっとあげるとこんなところです。ローカル開催は不確定要素が中央開催より多くなるんです。逆に穴党の方は面白くて買う方が多い。ゆえに七夕賞のような結果にもなります。

夏競馬は楽しむ程度(普通もそうですがw)でちょっと穴目に買うと面白いかもしれません。

7/11はジャパンダートダービー

牧場長が静観してるので予想してくるかわかりませんが、7/11は次回の公式BCの舞台でもある大井競馬場にて「ジャパンダートダービー」が行われます。

昨年は主戦の森泰斗騎手が落馬負傷のため乗り替わりとなって代打の本田正重騎手騎乗のヒガシウィルウィンが優勝しました。

JRA勢をおさえての勝利は素晴らしくて久々にシビれるレースでしたね!

今年の有力馬

1枠1番 ルヴァンスレーヴ

前走のユニコーンSでは2着に0.6差と完勝でした。昨年暮れの全日本2歳優駿も勝っており人気の中心です。

5枠8番 ドンフォルティス

1番人気になっているルヴァンスレーヴに土をつけた事がある馬です。鞍上は大井の安定感抜群の武豊騎手。こちらも人気になっております。

6枠9番 テーオーエナジー

前走は日本ダービーに果敢に出走しましたがさすがにダメでした。もともとダート馬なので今回は上位争いも圏内か?

人気もJRA勢が中心です。

頑張れ地方勢

昨年はヒガシウィルウィンが勝って地方勢が意地をみせました。今年の地方大将格は…

7枠11番 ハセノパイロ

前走の東京ダービーでは粘るクリスタルシルバーを差し切り的場文男騎手悲願のダービー制覇を打ち砕きました。全日本2歳優駿ではルヴァンスレーヴに大きな差をつけられた3着でしたがこの馬も成長して距離も伸びてきて味が出てきました。大井のトップジョッキーである矢野騎手が乗りますし頑張って欲しいですね。

1着予想は?

はい。牧場長の夏競馬は1着予想です。という事で私の1着予想は・・・

ドンフォルティス

にいたします。理由としてはルヴァンスレーヴが思った以上に人気してますね。その馬を前走で土をつけている点。あと大井の最内枠って砂が深かったりするのとミルコ騎手の地方競馬場の成績はそこまで良くないです。それを考えると…と思ったのです。実際、地方競馬場はルメール騎手の方が安定してます。さて、ドンフォルティスは武豊騎手です。武騎手の大井競馬場の成績は安定しております。今年も東京スプリントを勝ってますし狙うならこの馬としました。

馬券的にはグレートタイムなんかも距離伸びてきて良さそうですね。もちろんルヴァンスレーヴも無視は出来ません。テーオーエナジーはダービーで変な負け癖がついてないかちょっと心配。地方勢はハセノパイロ、ファンである的場文男騎手のクリスタルシルバーは問答無用で買います。あとは川田騎手の馬も地味に強そうです。大外がどうかな…

はい。こんな所ですw

牧場長!公式BCの舞台なんだから予想してね!!!