スポンサーリンク

有志の方が軍団BCをスポットで開催してくれます。

どうもイーエルです。

今年の初めに第二回軍団BCを開催して半年以上が経過してしまっております。

おかげさまで第二回は総勢100人規模の大会になり、ダビマスのトッププレイヤーのほとんどの方が各チームで参加してくれました。

大変盛り上がる企画なのですが、その分この大会を行うと個人的な負荷がものすごく、仕事が忙しくなったのもありましてなかなか開催できずでおりました。

そんな中、競馬好きお兄さんのチームにいます「おつかれ牧場」さんが生産後の種と石の回復のためしばらくログイン勢になる(これもゲームとしてどうなの近藤さん・・・)との事でその間にスポットで軍団BCを私の代わりに行っていいかとのDMを受けました。もちろんオッケーでしたので二つ返事でございます。

ルールは私のやっていたのに近い感じかと思いますが、ルール変更に関しても主催であるおつかれ牧場さんのルールも取り入れるのが良いかと思っております。

自分で企画して始めたのですが「軍団BCの運営はかなり大変」です。

ひとりBCのモードやフレンド機能の充実を!

関東オフミに諸事情で行けなかったのですが、行けたらこれを近藤さんにお伝えしたかったのです。

1.ひとりBCの操作性向上を!

軍団もそうですが有志のBCなどは基本「ひとりBC」で行う事が多いです。現在ですと「牧場名でソート」「馬名でソート」などが出来ずに参加者の馬を探すだけでも手間がかかります。人数の多い大会になればなるほど時間がかかってしまいます。せめて五十音だけでもソートできる機能を付けて欲しいです。

2.フレンド機能の充実

フレンドの登録上限をもっと増やして欲しいです。フレンド併せ馬はポイント上限がついております。上限がついているのであればそれ以上はポイントも入らないのですから、フレンド枠が多くても問題ないのでは?昔のBCはパスワードですからパスがあればいくらでも大丈夫でしたが、今は時代が違いますよね?wデメリットがないと思うのでフレンド枠くらいはもっと増やして欲しいです。

3.ゲームモード

第二回が終わり本編の公式よりも賑わっている「公式BCライト」その魅力は「有り無し設定」につきます。通常の「みんなでBC」に取り入れてしまうと人が分散して過疎化に拍車がかかってしまうのでこのモードを「ひとりBC」のみ組み込んではいただけないかと…これも以前から言っておりますが、これを組み込むだけで「なしなし設定BC」をする為に無駄に生産しなくて良くなる、既存の馬が使える、いろいろな検証の物差しとして使えるなどメリットがあります。ゲームの性質上、研究が大事であり、一つの発見で多くのユーザーの生産意欲向上をはかれます。生産する=種を使う=売上につながる。ダビマスはこれが重要であると以前から思っております。「生産するぞ」という機会を多くナビゲートしていってもらいたいですね。

今回の軍団はサポートにまわります。

おつかれ牧場さん一人ではかなり大変なのは元々企画運営していた私がよくわかっております。今回はスポット的にやっていただけるので、出来る限りサポートさせてもらい、今後他の方も運営できるように工夫できればと思います。

まずは参加ご希望のリーダーの方はお早めにご連絡ください。開催するにあたりリーダーグループにて連絡などを行っていくとの事。また、参加したいけどパートナーが・・・という方もご連絡下さい。こちらは私でもオッケーです。メンバー探しのご協力いたします。

大変もりあがるBCですので何とか成功させたいですね!

珍しく有志のBCに参加します。

普段は運営企画にまわっておりますが、たまには有志の方のBCの参加をいたします。時間がまだあるのが幸いです。

終焉を喰らう牧場さん(現在はコラボ用に北斗ですがw)がタッグBCを開催します。終焉さんも多くのBCを企画されている有志の方で毎回、多くの参加者がおります。今回はタッグということで「やんばる牧場さん」とコンビを組んで参戦となります。

月末近くまで生産猶予がありそうなので初戦の2歳馬を頑張ってつくりますw

こちらもまだ募集しておりますのでタッグパートナーを見つけてご参加下さい!

関西オフミの当選者続々と

昨日、運営さんから関西オフミの当選通知がいったようでツイッターでも多くの当選報告をみました。

競馬好きお兄さんが途中経過をまとめてくれてました。

それにしても凄いメンツw

運営さんを交えて意見交換もする以上、より多くダビマスに時間とお金をかけてプレイしている方、ダビマスが好きで生放送や動画、ブログなどで多くの情報を発信している方の意見というのは大事だと思います。関西当選メンバーの一部はまさにこれ。誰が当たっているかもわからず、いつの間にか終わっていて後日動画で「オフミやりました」で「何の成果も得られませんでした!!!」では意味がないので重鎮が多くいかれるという事で安心してます。

通常プレイヤーの枠もあるかと思います。そこで当選された方からしたら「どうすればいいんだ・・・」となってしまいがちですが、普段プレイしていて気になった事を素直に近藤さんにお伝えすればいいと思います。オフミ行くからといって「全ユーザーの命運がかかっている!」というわけではありません。トッププレイヤーさんもいるのですからあまり気負いせずに楽しんだ方がいいと思います。

個人的にはゲストが気になる・・・

第二回関東ではMCの咲ちゃんと、佐藤哲三元騎手でした。ああ・・・仕事さえなければお会いできたのに・・・

こちらは続報に期待ですね^^