【ダビマス】セリ市に登場する繁殖牝馬の法則検証

スポンサーリンク

セリ市に登場する繁殖牝馬の出現には法則があった!?

こんにちは。今回は代繋ぎに便利なセリに登場する繁殖牝馬の出現について検証しました。

この検証のいきさつですが、第一回公式BC優勝の「ほのぼの牧場」さんが「繁殖牝馬出現の法則は名牝出現パターンと同じ要領なんじゃないの?」とTwitterで呟いていたのでそれなら検証しようという流れになりました。元々は仲間のTwitter勢の「アラブさん」が見つけた法則を応用して優牝馬でも使えるか検証しております。

誰でも簡単に法則は計算出来る!?

繁殖牝馬は一番若くて「7歳」で登場します。ダビマスでは「繁殖牝馬を登場させるグループ分け」に法則性があるようです。何故この法則があるのか?おそらくですが全てランダムにしてしまうと場合によっては数百年も登場しない可能性もあり、その辺を考えた上で「一定のグループを設けある計算でその年の7歳にはこのグループの中の馬を出現させる」方法を採用しているようです。

 

計算方法

現在の年数 ÷ 12 = 商 …余り(この数が繁殖牝馬のグループ数)

現在の年数が36年であった場合は

36 ÷ 12 = 3 余り 0

この年の繁殖牝馬出現のグループは【0】のグループから選択されている事になります。優の牝馬では「エメラルドマサキ」と「ファーストオーダー」が「0」のグループですので両方または片方のどちらかが「7歳」で登場します。

 

使い方

あの牝馬がいつくらいに出るだろうか?と考えた時に現在の年数から12を割ってその余りを出してあげるとその年のグループがわかります。そこから逆算すると○○年にはこのグループが選択されるというのがわかるので配合したい馬との兼ね合いも前もってわかります。

 

注意点

あくまでも「グループの中からランダム」に選択されるのでお目当ての馬が選択されるかは「運」になります。ただ、ある程度の予測が出来れば牝馬もしくは種牡馬を無駄にしてしまうのを軽減できますのでその辺は知っていて損はない法則だと思います。

優牝馬についてはグループ検証済です

下のリンクから優牝馬のグループ一覧を見る事が出来ます。表の左の数字が「余り」の数字になります。

 

優牝馬グループ

 

是非とも活用していただければと思います!

また、この検証には以下のTwitterフォロワーさんが協力していただきました。

(Twitterのお名前で記載しております)

・ほのぼの牧場さん

・ラダトーム牧場(ドラクエ中)さん

・ぐんまちゃん牧場さん

・青葉台牧場☆☆☆(長期放牧中)さん

・たまねぎさん

・杉本雅隆さん

・ミズ/はるな牧場さん

・ジョンさん

・yoshi@回線乙☆さん

・喜津根板の牧場@ダビマスさん

短時間で沢山の方のご協力ありがとうございました。現在は「良」の牝馬のデータを集めております。「良」にはクラップクラップなどもおりますのであればいいかなと思っております。

良のセリ市のスクショがあれば私のTwitterにまでよろしくお願いします^^

スポンサーリンク

【ダビマス】スピード調教をせずにレースのみでスピードを上げる

こんばんは。先日は「強め調教」でスピ、スタ等の変化を検証しました。

さて今回は

「スピード調教をせずにレースのみでスピードを仕上げる」

これを検証してみました。

ではいってみましょう!

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンプル牝馬は CBCCB

未勝利すら勝てないで終わると意味がないのでスタミナ調教はマックスまでやりました。スピ調教なしでは9戦目のレース後にEからDへとパラメータが上がりました。面白かったのはスピEでもスタがBくらいあればダービーも2着出来てしまう事です。ライバルも弱かったのはありますが、Eでも…と思いました。

その後6レース後にDからCへと上がりました。途中屈腱炎になり放牧もしました。放牧は期間というより放牧に出した瞬間に若干スタが減る感じです。数ヵ月放牧してましたがステ自体は下がっておりませんでした。

前回の検証では芝強め20本でパラが上がっておりました。そして途中で調教での上限というかスピードの蓋みたいのをされてしまい、上がるのにも時間がかかりました。

ほのぼの牧場さん※が別に検証をしておりまして、同じメモリの馬で少し違う形での検証を行っており、そちらは「完成まであと一息」が出たのが3歳5月3週で18戦のキャリア。私のは3歳11月1週で同コメントが出ました。お互い「レースのみで解析」しておりますのでもしレースによるスピの蓋があるならこの差は出ないのでは?という個人的推測です。

後、表をみておわかりの通り

レースに出すだけでは根性は一切上がらない

6/27追記

※根性に関しては再度検証しなくてはいけない項目が出てきましたので再検証します!

昔はスピと根性と気性だったのにな。。。尚、スタミナもレースでは上がりませんので、デビュー前はしっかりスタミナと根性を仕上げておきデビューしたら連闘も考えつつ出走させていた方が早く仕上がるのかなと思います。普通遅で3歳で登録できるのは魅力ですから。

まとめ

①デビュー前でなるべくスタミナと根性は仕上げる

②使えるならガンガンレースに出す(特に成長が遅い傾向の馬で早く仕上げたい場合)

③スピAなどが産まれた場合はこまめに解析を…

良い馬が産まれた場合でも気負いせずにやるにはいろいろな知識があると上手く調整できますので良かったら参考にして下さい。

今日はこれにて

スポンサーリンク

【ダビマス】調教検証をしながらスピAを育成しました。

どうもイーエルです。

タイキシャトルイベントやトウカイテイオーイベントに向けて馬を生産しておりました。

多重見事な配合で運良くスピAをゲットしたので育成します。トップガンイベントのおかげで資金に余裕が出ましたので「調教効果の検証」もしつつやっていこうと思います。

今回は攻略ブログらしい?内容です。調教がイマイチわからないライトユーザーの方や実験結果に興味のある玄人の方まで見ていただければと思います。

※解析を何度もかけるので資金がかかります。良い子はマネしないで下さい。

スポンサーリンク

今回の検証馬

父ヴィクトワールピサ 母父ローズキングダム 多重クロス 見事な配合

ステ ADDCC 成長メモリ4

 

 

 

 

 

 

 

 

調教課程

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらが今回検証した馬の調教課程です。デビュー前は10本もしくは20本ごとに解析をかけてます。その成長とパラメータの変化が表の通りです。芝、ダート問わず強めを40本こなすと気性が1段階あがりました。

スピードに関してはDからCになった本数に注目していただければと思います。EからDは初期値が個々で違うと思いますのでDになった時点を0としてみると良いかもです。DからCになるには芝強め30本、CからBになるのに30本で変化しました。

では芝強めを30本やれば1ランク上がるのか!と思いますがこれも違うと思います。「今回は普通遅の成長型」を育成しております。後にも書きますが早熟や晩成だと本数が違うかもしれません。これも検証しないといけないという事もわかりました。

そして「スピードの蓋」という状況もデータとして現れてきました。スピCからBになってからのその後です。今までは芝強め調教を30本こなす事で機械的にランクが上がってきましたが、その後40本調教してもBのまま、レースを3回つかった直後の解析でやっとAになりました。

馬体重はBになってからデビュー前をみるとわかるように20本で2kg増えておりますね。

おそらく馬体重が増えた時点でスピの能力値が解放されていくイメージです。これをやらないと成長型が皆同じになりますからねw

そしてBからAになりました。その直後の解析では「完成まで一息」なコメントが出ております。という事はAになってもまだ伸びしろがあるという事がわかります。そこから調教を少ししてレースに1回出した直後にベスト体重が2kg増えた時点で「準備が出来ました」となりました。おそらくこの時点で馬は完成したと思われます。

その後、レースに出して解析してもベスト体重はもう増える事はありませんでした。

最強クラスの馬はAになった時点の「完成まで一息」から「準備が出来ました」までの伸びしろがどのくらいあるかが勝負になると思います。無論馬体重も増えていくと思われます。

今回の検証でまだまだやらなくてはいけない事が出てきました。

今回は主に「強め」調教主体でした。では「一杯」や「併せ」では「強め」主体とどう変わるのか?これはやらなくてはいけない。

また、成長型によっても検証が必要です。同じようにデータをとってやるとタイプ別でのベストな調教が見えてくるのではないでしょうか?

当ブログでも今後も成長型別、調教の強さも検証していきたいと思います。

た、ただですね…

今回、この検証やるのに解析1回2億で18回、産まれた時に1回、完成後の確認で1回、この馬だけで既に40億使ってます…

少し前に資金が9000万だった牧場とは思えない使いっぷりですw

トップガンイベントはとてもありがたいイベントでしたw

そのかわり、エーピーインディの件は運営さんの勉強不足!もっと勉強して下さいね。。。

ではこの辺で。

スポンサーリンク