【釣り】川崎遠征

スポンサーリンク

川崎へ釣りに行きました

どうもイーエルです。

先日、若洲へGWの休みを利用して釣りに行ったのですが、散々な結果でしたのでリベンジという事でもうすこし魚影がありそうな神奈川方面へ向かいました。

川崎市東扇島西公園

神奈川といっても東京寄りですが東京湾の奥にある若洲よりは断然魚影も濃く、連日釣果報告があがっています。アジもそこそこ出ているようで、アジ、イワシ狙いでここに決めました。

深夜0時くらいですので静かです。

写真がボヤけてますが、100人くらいはいると思われます。

GWという事もあり、朝の時間に来ても釣るスペースがないとおしまいなので早めに来ましたが考えることは皆さん一緒みたいで深夜にもかかわらず釣り人であふれています。

そうか、テント持ってくれば良かったと思った瞬間です。キャンプ場ではないので何日もテントはまずいですが、日帰りの釣りかつ夜からなら簡易的なテントで休めるし次回は持ってこようと思いました。子供連れも多くテントで休ますのが一番良さそうですね。

午前中の様子です。既に200人以上はいるんじゃないでしょうか?撮影している反対側にも多くの釣り人が釣りをしています。

サビキ仕掛けできたのは「コノシロ」です。ニシン科の魚でサッパが成長してコノシロと呼ばれるようになります。食べられますがサッパを食べた経験から「・・・」なのでリリースしましたw

サッパはママカリとかから揚げに、コノシロは塩焼きとかがクックパッドに掲載されてますね。

イワシがそこそこ釣れました。釣った魚はすぐに〆ないと鮮度が落ちて不味くなります。大物は捌いて内臓など取って〆ますが、小物は釣ったらすぐに氷の中にぶち込んで〆てしまいます。

公園自体は広く、駐車場も8時間以上で800円、釣りは基本無料ですので、長時間滞在にはもってこい、釣り場は柵も高く小さいお子様がいても安全です。魚影も濃く、これからの時期はもっと釣果出ると思います。

東扇島西公園

手前側の駐車場に釣具屋さんが移動販売で来ております。

釣果情報も頻繁にあげてくれてますのでチェックしていくといいですよー

【釣り】若洲海浜公園

スポンサーリンク

どうもイーエルです。

前回のエントリーの通り、今後は普通のブログとして書いていきます。ドメイン取っちゃっているのでURLはそのままですw

興味のある方は今後もお付き合い下さい。

さて、趣味でちょこちょこ釣りへ行きます。私は埼玉でも東京寄りに住んでおりますので、東京湾がメインの釣り場です。

独身の時はブラックバスをメインにやっておりました。子供と釣りに行くようになってからはなるべく安全な釣り場という事で防波堤釣りがメインとなりました。

近場の東京湾では「若洲海浜公園釣り施設」によく行きます。

まいどの釣り情報はこちらの釣具店のTwitterから仕入れております。

若洲のメリット、デメリット

メリット

・ファミリーには最適。柵も高く小さいお子さんでは乗り越えられないのでほぼ安全(防波堤ではない護岸のある所は注意して下さい)

・駐車場料金が1回500円で駐車可能でお安く長時間いれる

・トイレ、売店(釣り具店)など完備、女性も安心していれる

デメリット

・休日はかなり混む。9時、10時からではいい場所は取れない

・東京湾でも奥になるので魚群自体少ない。坊主もある

といった所でしょうか。

安く長時間いれるのはいいですね。粘りの釣りをする時には駐車場の時間を気にしなくてよいです。また、売店は釣り具も多く、釣り具レンタルサービスもしておりますので手ぶらで釣りも楽しめます。飲料の自販機やトイレもありますので女性の方も安心して長時間いれます。

手軽な反面、人が多いです。今GWですがピーク時間では1m間隔くらいで竿が並びます。変な時間にくるとかなり窮屈な釣りになります。

また、若洲は東京湾でも奥なので魚群が神奈川、千葉方面に比べると少ないです。状況悪いと坊主も覚悟でやる事になります。

とは言うものの釣り具店のスタッフさんが皆さん気さくな方なのでわからない事や狙い目などはどんどん質問しましょう。毎日いる方なので素人の勘より全然的確ですw

GWも中盤戦になります。たまには釣りもいいかなって方で都内近郊でしたら是非、若洲へお子様の初めての釣りにもいいですよー